1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ベネッセHD/顧客情報の安全のために合弁会社を設立

2015年1月16日

ベネッセHD/顧客情報の安全のために合弁会社を設立

ベネッセホールディングスは15日、セキュリティソリューションなどを展開するラックと、ベネッセグループの基幹情報システムの運用・保守を担う専門機能会社として、合弁会社を設立した。

新合弁会社では、先端のIT技術と、簡潔で明確なセキュリティレベル定義にもとづき、物理的にも論理的にも安全が保障された環境下で、顧客情報を含むベネッセグループの事業上重要なデータを、重要度に応じて適切に活用できる情報システムの運用・保守を目指すという。4月1日からサービス開始する。

資本金1000万円で、出資比率はベネッセホールディングスが70%、ラックが30%。

代表取締役社長には高野篤典氏が就任した。

関連URL

ベネッセホールディングス
ラック

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録