1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 文科省/ICTで小規模校のデメリットを最小化する実証事業公募

2015年3月16日

文科省/ICTで小規模校のデメリットを最小化する実証事業公募

文部科学省は12日、人口減少社会に向けて、ICTで小規模校のデメリット最小化を図る実証事業の委託公募を開始した。

人口減少社会を迎え、現行の学校規模を維持することが困難な小学校、中学校、高校などが増加することが見込まれている。

「人口減少社会におけるICTの活用による教育の質の維持向上に係る実証事業(学校教育におけるICTを活用した実証事業)」では、小規模校の教育上の課題を克服するため、学校同士をICTで結び、長期間にわたり協働学習や合同学習などを実施し、指導方法の開発や学習効果の検証などの実証研究を行う。

人口過少地域で、小規模校のデメリットを最小化するためにICTを活用し、他学校の同学年の学級同士で比較的長期間にわたって協働学習や合同学習を実施するとともに、指導方法やカリキュラム開発、学習効果を検証。また、事業成果について、成果報告書に取りまとめる。

事業規模の上限は1000万円。採択件数は9地域を予定している。

概要

学校教育におけるICTを活用した実証事業
公募締切:2015年4月17日(金)
審 査:2015年5月中旬
採否通知:2015年5月下旬
契約期間:原則、契約締結日から2016年3月31日まで

問い合わせ先

文部科学省生涯学習政策局情報教育課学習情報係
電 話:03-5253-4111
johokyoiku@mext.co.jp

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21