1. トップ
  2. 教育事例
  3. 日本マイクロソフト/荒川区小中学校の1人1台Windowsタブレット活用事例

2015年3月27日

日本マイクロソフト/荒川区小中学校の1人1台Windowsタブレット活用事例

日本マイクロソフトは26日、荒川区教育委員会による、区内のすべての小中学校での児童生徒1人1台のWindowsタブレットを活用した学習環境整備についての事例を公開した。

事例紹介ページ

これによると、Windows 8.1 タブレットを導入した小学校では、ドリル学習でタッチペンを使い何度も問題を繰り返して解いて着実に身につける学習や、インターネットを使った調べ学習が行われているほか、体育、理科、生活などの授業でカメラを使ったり、社会や英語などでレポートや発表を行うときにも活用されている。

中学校では、スマートフォンの是非についてのディベートを行い、どちらにも属さない生徒が否定派と肯定派の意見を聞いて、どちらの意見に賛成するかを投票し、電子黒板にリアルタイムに映す試みを行った。リアルタイムに否定派か肯定派の数が見えるため、聞く側を意識して論理的にわかってもらえるように演説を行うなど、自分の意見に根拠を持って発言することで、生徒たちの表現スキルが上がっているという。

荒川区教育委員会では、2014年9月に区内の34校(中学校10校、小学校24校)すべてに 9500台のWindows8.1搭載 タブレットを導入。区内の中学生は1人1台のタブレットを常に利用でき、また、小学3~6年生は2時間に1時間、小学1~2年生は4時間に1時間の割合でタブレットを使った学習が可能になるなど、学習環境の整備を行っている。

関連URL

導入事例 荒川区教育委員会

問い合わせ先

日本マイクロソフト

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21