1. トップ
  2. ツール・教材
  3. ミクロの世界を確認できる、最大光学250倍のUSBデジタル顕微鏡

2016年6月13日

ミクロの世界を確認できる、最大光学250倍のUSBデジタル顕微鏡

サンワダイレクトは10日、パソコンで撮影ができ、最大光学倍率250倍、200万画素のデジタル顕微鏡「400-CAM056」を発売した。価格は6463円(税抜き)。

sanwaデジタル顕微鏡「400-CAM056」は、USBでパソコンとの接続ができる。そのため、電源不要で、パソコン画面に出力可能なデジタル顕微鏡。顕微鏡をのぞき込む必要がなく、大勢で同時に対象物を見ることができる。

搭載画素数は200万画素で、保存解像度は1600×1200 px(ソフトウェアズーム時:3200×2400)までの高解像度で保存できる。また、最大光学の倍率は250倍で、植物などの自然観察や自由研究、プリント基板や印刷物などにも適している。

撮影は、手元のスナップショットボタンで手軽にできるという。LEDライト内蔵で、暗所や接写撮影の際も明るく撮影ができ、手元のダイヤルで明るさ調整も可能。静止画撮影、動画撮影にも対応できる。さらに、インターバル撮影も可能で、撮影時間や撮影枚数などの細かい設定ができ、生き物などの確認もできる。

関連URL

サンワダイレクト

教育分野 西日本最大の専門展 関西教育ITソリューションEXPOに出展します! Classi 11.15-17
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録