1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 40年のICT活用繋ぎ「つくばチャレンジングスタディ」の運用開始

2016年7月19日

40年のICT活用繋ぎ「つくばチャレンジングスタディ」の運用開始

つくば市とつくば市教育委員会は15日、夢をつかもう3C(チャンス!チャレンジ!チェンジ!!)学校家庭学習支援システム「つくばチャレンジングスタディ」の運用開始式を、市立輝翔学園谷田部中学校で行った。

「つくばチャレンジングスタディ」の公開授業風景

「つくばチャレンジングスタディ」の公開授業風景

つくば市では2004年度から,学校や家庭からインターネットを使って 学習できる「つくばオンラインスタディ」を運用し,小中学生の学力向上 に効果を上げてきた。

今回運用開始した学校家庭学習支援システム「つくばチャレ ンジングスタディ」は、つくば教育クラウドを中心にシステムを構築、1年~9年の国社数理英で学習教材を1万門から7万問へ拡充、タブレットやマルチデバイス化(Windows ・iOS・Androidほか)」に対応、誰でもどの学年・教科でも利用可能で、学習履歴をとることで一人ひとりの理解状況を把握した教材提供を可能にしているという。

「つくばチャレンジングスタディ」に取り組む市原市長(右)と東原教授

「つくばチャレンジングスタディ」に取り組む市原市長(右)と東原教授(左)

開始式の冒頭で挨拶した市原健一つくば市長は、「40年間ICT教育に取り組んできて、市内のすべての学校でICTの活用を実現した。これはすべての先生方の熱意の賜物であり、深く感謝したい。今回“チャンス!チャレンジ!チェンジ!!”で更なる活用を目指す取り組みは、学校だけでなく、家庭でも、病院の訪問学級でも、支援学級でも、どこでも学ぶことができるシステムだ。これまでつくば市は、全国に先駆けてICT活用に取り組んできたが、市内の全小中学校52校が“学校情報科優良校”に認定された。これからはつくば市の経験を全国展開に向けた活動も行っていきたい」と、先導的役割への意欲を語った。

受賞した4名と出席者たち

受賞した4名と出席者たち

開始式では、「第6回エコシールコンテスト」で市長賞を受賞した4名(紫峰学園北条小学校4年 遠藤未香さん、茎崎学園第三小学校6年 佐藤由愛さん、吾妻学園中学校9年 清水あんずさん、輝翔学園谷田部中学校8年 菊地理沙さん)の表彰式をとプレゼンテーションが行われた。

開始式後には、「つくばチャレ ンジングスタディ」の開発者である信州大学の東原 義訓教授の体験授業が行われ、参加者が真剣に取り組んでいた。

関連URL

つくば市

Classi 悩める先生のための実践アクティブ・ラーニング ワークショップ 参加無料 12.23 先着100名 お申込み締切12/15 お申し込みはこちら
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録