1. トップ
  2. 学校・団体
  3. GIIS、東京で2カ所目となるキャンパスを開設

2017年4月26日

GIIS、東京で2カ所目となるキャンパスを開設

「グローバル・インディアン・インターナショナルスクール」(GIIS)は25日、東京で2カ所目となるキャンパスを東京・東葛西に開設すると発表した。

8月にオープンを予定している東京第2キャンパスは、実験室やアクティビティルームなど、全フロアに最新技術を備えた各種設備を設ける。子どもたちに高い水準の国際教育を受けさせたいと希望する、在日インド人および日本人保護者からの需要の高まりを受けての開設だという。

GIIS東京校は、2006年に生徒数50人弱で東京・西葛西に開校。現在、幼稚園からグレード12(日本の高校3年に相当)まで合計約600人の幼児、児童生徒に総合教育を提供している。

東京在住のインド人コミュニティの需要に応えるため開校された同校は、現在ではインド国籍以外の生徒も増加。国籍は日本を含む17カ国に上り、同キャンパスは定員に達した。

西葛西校舎から約3キロ離れた東葛西に誕生する第2キャンパスでは、グレード4から12まで(日本の小学校4年から高校3年に相当)の日本人、インド人を含む在日外国人の児童生徒が学ぶ。

GIISでは、インドの教育システムである中等教育中央委員会(CBSE)のカリキュラムに加え、2017年からはケンブリッジIGCSE、2019年からは国際バカロレアディプロマプログラム(IBDP)の受験コースを段階的に導入。国際的な資格や教育プログラムの提供により、今後、同校の卒業生は日本や海外の大学への進学資格を得ることができるようになるという。

関連URL

GIIS東京校

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 豊富な小・中デジタル教材ならチエル 教育クラウドサービス開始!
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録