1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 教育同人社、「特別支援教育向けアプリ」第3弾をリリース

2017年7月27日

教育同人社、「特別支援教育向けアプリ」第3弾をリリース

教育同人社は26日、発達に遅れや偏りのある子どもたちの学力の基礎・基盤づくりを支援する特別支援教育向けアプリ「学習サポートシリーズ」の第3弾として、「数のマッチング」「数列」「数の概念や大きさ」に関する判定・トレーニングができる「すうじにタッチ!」をリリースした。

0727-su
「学習サポートシリーズ」は、発達に遅れや偏りのある子どもたちの状況を把握し、学習の基盤となる「目と手の協応」や「かたち」「すうじ」の認識など、安定して学習に取り組むための基礎的な能力を判定し、トレーニングするためのアプリ。

このシリーズのアプリは、学校でも自宅でも簡単に利用できるようタブレット専用アプリとして企画・開発し、iOS版とWindows版を提供。また学校と自宅で使うタブレットが異なっても同一の操作性が実現できるように開発されている。

シリーズ第1弾の「ふりこにタッチ!」(2017年3月末リリース)、第2弾の「かたちにタッチ!」(2017年6月上旬リリース)に続き、今回、第3弾として「すうじにタッチ!」をリリース。

「すうじにタッチ!」は、指先で数を選択したり、数字を並べ替えたりすることで、「数のマッチング」「数列」「数の概念や大きさ」に関する判定・トレーニングができる。合計12ステージで構成され、ステージごとの分析ができるので、児童の苦手な部分を集中的にトレーニングできる。

iOS版の販売価格は360円(App Storeで販売)。動作環境はiOS8以降を搭載したiPad、     画面サイズ8インチ以上。

Windows版(学校ライセンス版)はオープン価格(ROMパッケージ)。動作環境はタッチパネル機能付き,Windows8.1、またはWindows10搭載機、画面サイズ8インチ以上。

関連URL

すうじにタッチ!

大阪府教育委員会 Classi 2016年度より生徒の学力向上をめざし、府立寝屋川高等学校での共同研究実施中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 簡単設定・安心安全 学校のタブレットセキュリティ チエル WinKeeper TB
  • iPadで英検対応 日本体育大学柏高校 EAST Co., Ltd.
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録