1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 旺文社/「ちょー、うける」普段の会話を英語で学べるアプリの配信開始

2013年10月17日

旺文社/「ちょー、うける」普段の会話を英語で学べるアプリの配信開始

旺文社は15日、iOS向けアプリケーション「リアル英会話表現集」をApp Storeで配信開始した。

旺文社が刊行した同名の書籍(著者:白百合女子大学文学部教授 川口エレン)をiOS用にアプリ化したもの。旺文社がライセンスを許諾し、開発はOFFICE MAGiCが担当している。

「ちょー、うける」「お父さんが入った後のお風呂はイヤ」など、普段の会話で使う表現を英語で学ぶことができる。2800の英会話表現を収録。音声認識機能を使った自動採点システムなど、アプリならではの学習機能によって、移動中や外出先などのちょっとした時間に、手軽に英語学習が行える。

日本語音声には、アニメなどで活躍中の声優・福圓美里、高野直子を起用。

対応機種は、iOS5以降のiPhone、iPad、iPod touch。

31日までキャンペーンを行っており、期間中は通常価格900円(税込)の半額450円(税込)で購入することができる。

関連URL

リアル英会話表現集(App Store)

問い合わせ先

旺文社

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス