1. トップ
  2. ツール・教材
  3. ソニー/教育機関向けコンパクト・高解像度・高輝度な液晶プロジェクター

2014年10月6日

ソニー/教育機関向けコンパクト・高解像度・高輝度な液晶プロジェクター

ソニーは、WUXGA(1920×1200ドット)パネルを搭載した、6kg未満のプロジェクターとしては業界最高輝度という5000ルーメンを実現したモデル「VPL-CH375」など、「VPL-Cシリーズ」6機種を12月から順次発売する。価格は全機種、オープン価格。

「VPL-Cシリーズ」。オープン価格。

「VPL-Cシリーズ」は全機種、レンズシフト調整機能を搭載し、教室や会議室での天吊り設置で、画質のクオリティを落とすことなく投写位置を調整できる。また、目に優しい画像を映し出すLCDパネル”Bright Era”や、画面の周辺部まで明るくシャープに投射する”大口径ACFレンズ””大音量スピーカー””省エネ機能”を搭載。

「VPL-CH375/CH355」は、WUXGA(1920×1200ドット)の高解像度パネルを搭載し、フルHD(1920×1080ドット)映像も圧縮することなく投写可能。さらに、LANケーブル1本でデジタル映像・音声・制御信号が伝送できる”HDBaseT”に対応し、長距離の配線工事も簡易に行うことができる。

ソニーは、「VPL-Cシリーズ」を、主に、教育機関の中小教室など向けに提案していくという。

概要

「VPL-CH375」(5000ルーメン/WUXGAモデル):2014年12月予定 オープン価格
「VPL-CH355」(4000ルーメン/WUXGAモデル):2014年12月予定 オープン価格
「VPL-CW276」(5100ルーメン/WXGAモデル):2015年1月予定 オープン価格
「VPL-CW256」(4500ルーメン/WXGAモデル):2015年1月予定 オープン価格
「VPL-CX276」(5200ルーメン/XGAモデル):2015年1月予定 オープン価格
「VPL-CX236」(4100ルーメン/XGAモデル):2015年1月予定 オープン価格

関連URL

デジタルプロジェクター

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス