1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ソニー、明るい環境でも色鮮やかに投写できる「レーザー光源プロジェクター」2機種発売

2021年10月21日

ソニー、明るい環境でも色鮮やかに投写できる「レーザー光源プロジェクター」2機種発売

ソニーマーケティングは20日、会議室や講堂などでの使用に適した業務用レーザー光源プロジェクター「VPL-FHZ85」(7300lm)と「VPL-FHZ80」(6000lm)の2機種を、来年1月に発売すると発表した。

両機は、本体内蔵の照度センサーが周囲の明るさを検知し、画質設定を自動で調整する「アンビアンス機能」を新搭載。

色鮮やかさを保ったまま映像を明るく見せることができる「ブライトビュー機能」と連動して、照明が明るい室内や日中の外光が入る環境でも、色再現性に優れたメリハリのある映像を投写できる。

また、ソニー独自の超解像処理技術「リアリティクリエーション」を改良し、細い文字や線などを強調する「リアリティテキスト機能」を追加。写真や映像の鮮鋭感や美しさを再現するだけでなく、文字や図表も鮮明に投写する。

さらに両機は、使用環境に最適化した映像投写を可能にする「インテリジェントセッティング機能」も向上。

同機能がプロジェクターの使用頻度を常に把握し、実使用時間に応じてレーザー光源出力の制御と冷却システムを自動調整することで、長期にわたり明るさを維持しながら安定した運用ができる。

また、新たに4K 60P入力にも対応し、ソニー独自の信号処理技術で画像劣化の少ないフルハイビジョン信号に変換して投写できる。4Kコンテンツを分配して他の4Kフラットパネルディスプレイと併用することができ、幅広いコンテンツの投写と運用ができる。

両機の発売で、教室や講堂、会議室、美術館などの展示施設での使用に適した業務用レーザー光源プロジェクターのラインアップは計10機種となり、5000lm~1万3000lmの間で8つの輝度値から選べるなど、設置環境や用途に合わせた機種選択ができる。

商品概要
商品名:「3LCDレーザー光源プロジェクター」
①型番「VPL-FHZ85」
・明るさ:7300lm(センター8000lm)
・解像度:WUXGA:1920×1200ドット
・カラー:ホワイト/ブラック
・発売日:2022年1月18日
・価格:オープン価格(市場推定価格:税別100万円前後)
②型番「VPL-FHZ80」
・明るさ:6000lm(センター6500lm)
・解像度:WUXGA:1920×1200ドット
・カラー:ホワイト/ブラック
・発売日:2022年1月18日
・価格:オープン価格(市場推定価格:税別90万円前後)

詳細 

関連URL

「データプロジェクター」

ソニー

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 先生方にもテレワークを! 狭山市導入事例 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
NEWSサイト作成・運営 オウンドメディアに最適 wanitel

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • Biz安否確認/一斉通報 アカデミックプラン 教職員・学生の安否確認に
  • 使いやすさNo.1の充電保管庫 早割キャンペーン 詳しくはクリック! lockncharge
  • Microsoft Surface 生徒の学びのためのSurface Laptop SE NEW 税抜2万円台~
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス