1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 文科省が「ゆとり教育」との決別を宣言

2016年5月11日

文科省が「ゆとり教育」との決別を宣言

文部科学省は10日、学習指導要領改訂に向け、「ゆとり教育」との決別を示した「教育の強靭(じん)化に向けて」と題した文部科学大臣メッセージを発表した。

「教育の強靭化に向けて」では、学習指導要領改訂と”次世代の学校・地域創生の実現”の推進に向けた重点事項が示された。

その中で、学習指導要領改訂において、現行の学習内容を削減することはしないと明言。学習内容を削減し、学力低下の一因を作ったとされる「ゆとり教育」に戻ることはないと、次期学習指導要領のポイントについて説明した。

次期学習指導要領では、「学校教育を通じてどのような力を育むのか」を明確にした上で、アクティブ・ラーニングにもとづいた授業改善を行い、学校で学ぶ知識は減らすことなく、学習過程の改善に取り組むという。

さらに、こうした方向性のもと、小学校の外国語の教科化、高校の新科目「公共(仮称)」の設置など、教科・科目の見直しを進める。

次期学習指導要領については、今夏に審議のまとめを行い、年内に小中の答申を発表し、高校は2017年度に改訂。その後、小学校の次期学習指導要領は2020年から、中学校は2021年から全面実施、高校は2022年から年次進行による実施を予定している。

概要

文部科学省

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス