1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Chrome OSベースのテレビ会議システム用専用端末

2016年6月10日

Chrome OSベースのテレビ会議システム用専用端末

シネックスインフォテックは9日、Google Chrome OSベースのテレビ会議システム向けの新製品として、日本エイサー社製「Chromebase for meetings」(Cfm)専用端末 Chromebase 24「CA24V-N14K」 を7月中旬から販売すると発表した。

Chromebase for meetings専用端末

Chromebase for meetings専用端末

Chromebase 24 「CA24V-N14K」は、Googleが提供するテレビ会議システム(Cfm)を利用するための専用端末。23.8型の大画面、フルHD対応の高精細IPSパネルを採用。テレビ会議に欠かせない、集音マイク、Webカメラ、スピーカーの機能を搭載している。

また、マルチタッチにも対応。

市場想定価格は13万5000円(税抜)。GoogleのCfm利用ライセンス費用(初年度3万5000円)を含む。

関連URL

日本エイサー「CA24V-N14K」

問い合わせ先

シネックスインフォテック

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
NICA 全国ICTクラブ協会 無料セミナー Society5.0時代を生き抜く子どもを育てるための ママパパICT&プログラミング講座

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス