1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. クラウド型学習システム「すらら」の利用者数が4万人を突破

2017年5月10日

クラウド型学習システム「すらら」の利用者数が4万人を突破

すららネットは9日、同社の運営するクラウド型学習システム「すらら」で学習する生徒が、4月末時点で4万人を突破したことを明らかにした。

「すらら」は小学校高学年から高校3年生までを対象に、英語・数学 (算数)・国語に対応したクラウド型学習システム。2008年から提供を開始した。利用者の堅調な伸びは、大手塾や私立学校でのアクティブ・ラーニングの普及によって、反転授業の導入が拡大したためと考えられる。

教室でアクティブ・ラーニングを実践すると、通常の教科学習の授業時間が不足するため、その解決策として、家庭学習時間内で基礎的な部分についてICT教材を活用して予習し、教室では応用の学習やアクティブ・ラーニングに時間を割くようになっているという。

「すらら」は、学習者にゼロから教えることを目的としたアニメキャラクターによる説明と、数分おきに質問を投げかけるなど集中を切らさない工夫で、初めて学ぶ単元でも家庭での自学自習を可能とするため、反転授業の家庭学習教材としてそのまま活用することができる。また、教師は管理画面で生徒の学習状況をいつでも確認でき、授業前に家庭学習を終えていない生徒に学習を促すこともできる。

同社では、学校教育におけるICT導入の意識の高まりも要因の1つと見ている。生徒の学力の幅が広がるなか、教師への負担をかけずに個別の対応をすることが求められており、一人ひとりの学力に応じたアダプティブ・ラーニング機能を備える「すらら」の学校での導入が進んでいるものと考えている。また、学校教育のほか、九州の英進館、大阪のイングなど、大手塾チェーンでもICTの活用に本腰を入れ始めているという。

関連URL

すららネット

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト こどもOffice(R) ぼくたちは、世界標準で学ぶ GIGAスクール構想にも最適です!
NICA 全国ICTクラブ協会 Webニュースライター講座 ≪オンライン開催≫ あなたもプロになれる!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス