1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. スマホで3Dモデルを作れるARアプリ「Makebox AR」リリース

2017年6月27日

スマホで3Dモデルを作れるARアプリ「Makebox AR」リリース

ViRDは、ARモデリングアプリ「Makebox AR」のAndroid版をリリースした。

d21062-8-473082-0「Makebox AR」は、誰でも簡単にスマートフォン上で3DモデリングができるARアプリケーション。AR技術「Tango」を利用できるAndroid端末に対応しており、積み木感覚で直感的な3Dモデリングが可能。23日に発売された「ZenFone AR」にも対応している。

作ったモデルはWebに共有でき、また、objファイルとして書き出しができるため、他の3DモデリングツールやUnity、UE4などのゲームエンジンで利用することができる。

書き出したモデルを3Dプリンタで印刷することも可能。簡単にモデリングができるので、プロトタイプの作成に向いているという。

また、毎日「お題」が更新。作りたいものがなくても、気軽に「お題」に沿った3Dモデルを自由に作成して楽しむこともできるという。

関連URL

Makebox AR Android版

Makebox

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス