1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. スマホで3Dモデルを作れるARアプリ「Makebox AR」リリース

2017年6月27日

スマホで3Dモデルを作れるARアプリ「Makebox AR」リリース

ViRDは、ARモデリングアプリ「Makebox AR」のAndroid版をリリースした。

d21062-8-473082-0「Makebox AR」は、誰でも簡単にスマートフォン上で3DモデリングができるARアプリケーション。AR技術「Tango」を利用できるAndroid端末に対応しており、積み木感覚で直感的な3Dモデリングが可能。23日に発売された「ZenFone AR」にも対応している。

作ったモデルはWebに共有でき、また、objファイルとして書き出しができるため、他の3DモデリングツールやUnity、UE4などのゲームエンジンで利用することができる。

書き出したモデルを3Dプリンタで印刷することも可能。簡単にモデリングができるので、プロトタイプの作成に向いているという。

また、毎日「お題」が更新。作りたいものがなくても、気軽に「お題」に沿った3Dモデルを自由に作成して楽しむこともできるという。

関連URL

Makebox AR Android版

Makebox

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
小学校の1人1台学習をサポートする 非営利型一般社団法人 Just-learning

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス