1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 学校向けICT支援システム「C-Learnig」を使った授業改善セミナー

2017年7月4日

学校向けICT支援システム「C-Learnig」を使った授業改善セミナー

ディスコは、学校関係者を対象に「授業カイゼンとFD」をテーマとしたFD実践事例を紹介する「第7回C-Learningセミナー」を、25日に大阪で、26日に東京で開催する。参加費は無料。

d3965-355-436690-0FD (Faculty Development) とは、大学教員の教育能力を高めるための実践的方法で、大学の授業改革のための組織的な取り組み方法のこと。

「C-Learning」は、大学の講義など教育の現場における業務を支援し、教育者と学習者の豊かでシームレスなコミュニケーションとラーニング環境を実現するためのサービス。学生が持っている携帯電話やスマートフォンで利用することができる。

授業評価アンケートにおいては、アンケート実施と同時に集計されるのでリアルタイムに確認ができ、回答内容に応じて対応することができる。アクティブ・ラーニングに活用も可能で、本質的な授業改善に役立てることができるという。

同セミナーでは、学校向けICT支援システム「C-Learning」を使って、学校のFD活動を一歩前へ進めるための取り組みを、実際の学校現場の先生たちから聞く。特別講演には「よのなか科」で有名な教育改革実践家で奈良市立一条高校校長の藤原和博氏を迎え、これから学生たちが未来を生きるために必要な力について語ってもらう。

またセミナー後半には、教員・職員を交えてパネルディスカッションを予定。授業評価アンケートを「評価」で終わらせず、授業「改善」につなげるためには具体的にどうすればいいのかという問いに、ワークショップも交えながら会場全体で考えていく。

セミナーの概要

■大阪会場
開催日時:7月25日 (火) 14:00~17:40頃 (13:30受付開始)
開催会場:ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター [大阪市北区大深町3-1グランドフロント大阪 北館B2F]

■東京会場
開催日時:7月26日 (水) 14:00~17:40頃 (13:30受付開始)
開催会場:ディスコ神楽坂HCスタジオ B1F [東京都新宿区下宮比町2-12]

詳細・申込

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
SHARP BIG PAD Capmus 「GIGAスクール」時代に欠かせないツール 電子黒板とは?
GIGAスクール構想実現のポイントは? Ciscoならネットワークからセキュリティまで CISCO
NICA 全国ICTクラブ協会 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス