1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. お菓子で学習できるプログラミング教材「GLICODE」英語版を提供開始

2017年8月1日

お菓子で学習できるプログラミング教材「GLICODE」英語版を提供開始

江崎グリコは7月31日、同社が昨年開発した、お菓子でプログラミング学習ができる無料教材アプリ「GLICODE (グリコード)」の英語版を提供開始した。

00「グリコード」は、小学校低学年向けのお菓子でプログラミングを学習できる無料アプリ。子どもが大好きなお菓子 (ポッキー) にプログラミングコードを持たせ、それらをルールに従って並べることでキャラクター (ハグハグ) を動かし、ゴールを目指す仕組みとなっており、手軽に遊びながらプログラミングのロジックを学べる。昨年度総務省が推進する「プログラミング教育実施モデル 実証事業」に選定され、各地の小学校で「グリコード」を活用した授業が展開されている。

今回の英語版の提供開始に加えて、国内の実証実験や教育現場の声を反映し、アプリケーションの仕様を大幅に変更した。学習効果を高めるために、利用するお菓子をポッキーの1つに変更したほか、プログラミングで必要とされる基礎的な考え方の習得を目指し、SEQUENCE・LOOP・IFを1つずつ学べる基本ステージと、それぞれを組み合わせて学ぶ応用ステージに内容を整理、さらに上達レベルを可視化できる学習進捗チェック表「がくしゅうレベル」を追加した。なお、日本語版「グリコード」についても同様の仕様に変更し、アップデートする。

また、これまでの総務省の取り組みに加え、「みんなのコード」との体験授業を通じた学校現場でのヒアリングの実施、さらには、畿央大学大学院教育学研究科の西端律子教授、大阪教育大学情報処理センターの尾崎拓郎助教と、「グリコード」を活用したプログラミング教育 (義務教育) に関する共同研究を開始する。

関連URL

「グリコード」キャンペーンサイト

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス