1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. フルノシステムズ、シャープのAP採用し屋外向け無線LANに本格的に参入

2017年12月11日

フルノシステムズ、シャープのAP採用し屋外向け無線LANに本格的に参入

フルノシステムズは11日、シャープ、菱洋エレクトロと無線LAN アクセスポイントにおける屋内、屋外商品の連携を深め、無線LANインフラ市場への深耕を進めると発表した。

1211-fr2フルノシステムズは、2006年からアクセスポイントの全体管理が可能な無線ネットワーク管理システム「UNIFAS」を提供しているが、2018年から「UNIFAS」対応機種アクセスポイント商品ラインナップにシャープ提供の「QX-C300シリーズ」を追加することになった。

「QX-C300 シリーズ」が同社の無線ネットワーク管理システム「UNIFAS」と連携することで、屋内向けアクセスポイント「ACERAシリーズ」と屋外向けアクセスポイント「QX-C300シリーズ」の全体管理が一元的にでき、無線LANエリアの構築において、今まで以上に安定した通信品質と簡易なメンテナンスが可能となる。

panel_A1

システム構成例

「QX-C300シリーズ」は、「無線バックホール方式」を採用したことにより、アクセスポイント毎の有線LAN接続が不要となり、柔軟な無線LAN ネットワークを構築できる。

有線接続が必要となるのは、WAN 側にいちばん近いQX-C300だけで、下流のQX-C300は、無線で接続(20段までのマルチホップが可能)。このため、広いエリアをカバーする屋外での使用の場合、複数のアクセスポイントを設置する場合でも、無線バックホール方式で、有線LANの配線工事を簡略化することができる。

また、ネットワークエリアを拡張する場合も、柔軟に対応することが可能だという。

このように、今後の屋外向けアクセスポイントとして適した機能を有する「QX-C300シリーズ」と連携を進めることで、同社は屋内向け無線LANと屋外向け無線LANのトータルな市場に対応し、今まで以上に強力な無線LANインフラの推進をバックアップするとしている。

関連URL

QX-C300シリーズ

フルノシステムズ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス