1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 上海日本人学校高等部が「すらら」を4月から導入

2018年3月29日

上海日本人学校高等部が「すらら」を4月から導入

すららネットは28日、同社のクラウド型学習システム「すらら」を、上海日本人学校高等部が4月から導入すると発表した。

0329-sr上海日本人学校高等部は、世界の日本人学校89校の中で初の高等学校として2011年に開校した。

今回、「すらら」を導入するのは、ICTを活用し、効率的な基礎学力の定着をはかり、21世紀の社会で求められる「思考力・判断力・実践力」などを身に付ける機会を増やしていくのが目的。

同校は、保護者の転勤やインターナショナルスクールからの転編入で生徒の入れ替わりも多く、それぞれの学力や進度には差が生じている。生徒が直面している問題に対応し、学力をさらに向上させるためには、一人ひとりの学力に応じた指導の高度化が必要。

アダプティブ・ラーニング機能を備える「すらら」を導入することで、教員の負荷を増やすことなく、個に対応する学習を与えることを実現していく。

「すらら」は、海外の日本人向けの学校では2014年に如水館バンコク高等部に導入され、2017年にはシンガポール日本人学校中学部にも導入されている。

関連URL

すらら

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 小学校のフラッシュ英単語/英語表現 英語の授業がもりあがる! 無料体験版はこちら CHIeru
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録