1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. アプリや機器の脆弱性をホワイトハッカーが手動診断するサービス

2018年6月18日

アプリや機器の脆弱性をホワイトハッカーが手動診断するサービス

アールワークスは15日、スマホアプリ、Webアプリ、IoT機器の脆弱性を手動で診断するイエラエセキュリティのサービスを「SECURE-AID Advanced」として提供開始した。

0618-wh2017年から提供してしている、Webシステムの脆弱性診断から脆弱性解消までを一括代行する「SECURE-AID」の上位サービスだという。

多くの個人情報を扱うスマホアプリやWebアプリのほか、近年、急速に浸透してきているIoT機器の脆弱性を狙ったサイバー攻撃など、日常生活に欠かせないツールのセキュリティへの不安が高まっており、これらを提供する企業にとって、セキュリティの確保は極めて重要。

そこで、ホワイトハッカー集団であるイエラエセキュリティによるセキュリティ診断サービスを「SECURE-AID Advanced」として提供を開始。これにより、効果的・効率的に高度なセキュリティを確保することが可能になるという。

関連URL

イエラエセキュリティ

アールワークス

新高3生対象 合格への戦略 Benesse 進研模試の成績と連動! 1.11から申込みスタート
CASIO 「カシオのプロジェクターで生徒とのシンクロ率が向上しました」 栄光ゼミナール 目白校 阿部先生
EPSON プログラミングやリスニング用ディスクなどを複数枚作るなら ディスクをカンタンに作成できる ディスク デュプリケーター
EDIX関西2018 出展社特集 掲載記事募集中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 「教育情報セキュリティポリシーガイドライン」対応!教育情報セキュリティならチエル
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス