1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. OKI、全国8校の特別支援学校で合同遠隔社会見学を開催

2018年10月11日

OKI、全国8校の特別支援学校で合同遠隔社会見学を開催

OKIは、同社の遠隔授業ソリューションを活用し、肢体不自由で社会見学に出かけられない児童生徒のための遠隔社会見学を、23日に全国8校の特別支援学校で合同開催する。

当日は「地球から宇宙の果てまで」と題して、国立天文台三鷹キャンパスから、自然科学研究機構の縣 (あがた) 准教授とけやきの森学園の教員による授業を生中継する。

授業では仮想宇宙空間シミュレーションソフトウェア「Mitaka」を使って、太陽系惑星や天の川の解説をしながら、教室にいる生徒たちを宇宙旅行に連れていく。

本年の参加校は、北海道八雲養護学校、東京都立北特別支援学校、東京都立府中けやきの森学園、静岡県立東部特別支援学校、香川県立高松養護学校、山口県立周南総合支援学校、島根県立江津清和養護学校、徳島県立鴨島支援学校。

公開授業の概要

開催日時 : 10月23日 (火) 10:30~11:30
開催場所 :
東京都立府中けやきの森学園 [東京都府中市朝日町3-14-1]
島根県立江津清和養護学校 [島根県江津市渡津町772]

関連URL

OKI

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
EDIX関西2018 出展社特集 公開中・募集中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 学校現場のICT活用情報 冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • 先生!ひょっとしてeラーニングでお悩みですか?
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • みらいスクールステーション 導入校が驚いた想定外の利用率! 教室ノートPCに代わる教育ICT専用端末 FUJISOFT
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス