1. トップ
  2. データ・資料
  3. 2019年卒の内定、「採用充足率」84.4%で売り手市場続く、マイナビ調べ

2018年11月7日

2019年卒の内定、「採用充足率」84.4%で売り手市場続く、マイナビ調べ

マイナビは6日、国内企業を対象に2019年卒採用の内定状況と、2020年卒の採用の見通しなどをまとめた「2019年卒マイナビ企業新卒内定状況調査」の結果をまとめ発表した。

d2955-930-476956-1それによると、2019年卒採用の内定状況をみると、「採用充足率」(内定者数/募集人数)は、前年を1.4pt上回る84.4%だった。ここ10年で最低だった2018年卒と2015年卒には及ばぬものの、厳しい状況に変わりはない。

d2955-930-396452-2業種別に見ると、「ソフトウエア・通信」(77.3%)がとりわけ採用充足率が低かった。上場(95.9%)と非上場(76.5%)では20pt近い差が見られ、非上場企業の厳しさがうかがえる。

内々定後の辞退率は「前年より高かった」が34.0%(前年比1.4pt減)、「前年より低かった」が24.4%(前年比0.4pt減)で、いずれも微減しているものの、3社に1社が前年よりも高い内々定辞退率に苦悩する様子が見てとれる。

また、調査時点(9月~10月上旬)では、57.4%の企業が今後も採用を継続すると回答。

外国人労働者の受け入れ拡大が議論されているが、2019年卒採用で「外国人留学生を採用した(する予定)」と回答したのは全体の11.7%で、1割程度。

また「採用活動はしたが、採用できなかった」企業は7.0%。ただし、2020年卒の予定では「採用する予定」が10.7%、「検討中」が28.8%となり、企業側の採用意欲は垣間見える。

「採用をしていない(または予定がない)」企業にその理由を聞いたところ、「日本語能力」(24.7%)や「ビザなどの手続きが困難」(14.6%)よりも、「外国人が活躍できる環境が整っていない」(43.2%)や「現場の受け入れ体制が整っていない」(43.8%)といった、企業の内部要因によるところが大きいことが分かった。

障がい者採用に特別なコースや採用枠を設けている企業は、全体の8.6%と依然として少ない。9割を超える企業が「特別なコース・採用枠は用意していない/採用活動自体を行っていない」と回答。

採用経験がある企業に、採用した人への配慮を聞いたところ、「業務量への配慮」(58.8%)「勤務地の固定」(51.2%)がそれぞれ半数を超えた。「設備への配慮」(43.8%)や「勤務時間の配慮」(38.7%)が続き、「配属先部署での理解促進」についても、35.8%の企業が実施していると回答。

2020年卒の採用スケジュールについて、インターンシップを開始するのは8月が最も多く36.1%。2019年卒(31.8%)に比べて4.3pt増で、スタートが早まっていることが分かる。

また、3月に面接を開始する企業が増加しており、厳しい採用環境への対応として、3月以降の活動もスピード感が増している。

同調査は、9月4日~10月3日にかけ、新卒採用実績のある国内8000社に回答用紙を郵送するなどして実施。3013社(上場450社、非上場2563社)から回答があったという。

関連URL

調査結果の詳細

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス