1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. チームラボ、「学ぶ!未来の遊園地」など帯広美術館で7月から展示

2019年5月31日

チームラボ、「学ぶ!未来の遊園地」など帯広美術館で7月から展示

チームラボは、「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地と、花と共に生きる動物達」を、7月6日~9月1日の期間、北海道立帯広美術館で開催する。

0531-clチームラボは東京大学大学院生を中心に活動しているアート集団。アーティスト、プログラマ、エンジニア、CGアニメーター、数学者、建築家などさまざまな分野のスペシャリストから構成されており、集団的創造によってアート、サイエンス、テクノロジー、デザインと自然界の交差点を模索している。

「学ぶ!未来の遊園地」は共創(共同的な創造性)をコンセプトにした教育的プロジェクトで、これまで台湾、タイ、中国、アメリカ、インドネシア、南アフリカなどの海外や日本各地で開催されている。また、チームラボのアートと「学ぶ!未来の遊園地」が融合した展覧会は、昨年、東京・お台場に「森ビルデジタルアートミュージアム:エプソン チームラボボーダレス」を常設している。

今回は十勝毎日新聞創刊100年記念事業として、「花と共に生きる動物達」に加え、「学ぶ!未来の遊園地」の作品の中から、「お絵かき水族館」「すべって育てる!フルーツ畑」「小人が住まうテーブル」「天才ケンケンパ」「まだ かみさまが いたるところにいたころの ものがたり」の計6作品を展示する。

また、「お絵かき水族館」で描いた絵のオリジナル缶バッジをその場で作る「缶バッジファクトリー」も開催する。開館時間中、誰でも参加ができる。

開催概要

会期 : 7月6日(土)~9月1日(日)
開館時間 : 9:30~17:00(最終入場時間16:30)
毎週月曜日休館(月曜日が祝日の場合は翌火曜日が休館となる)
開催場所 : 北海道立帯広美術館〔北海道帯広市緑ケ丘2 緑ヶ丘公園〕

詳細

関連URL

チームラボ 学ぶ!未来の遊園地

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス