1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. アカデミアシステムズ、AI活用の日本語対話学習プラットフォームを発売

2019年6月12日

アカデミアシステムズ、AI活用の日本語対話学習プラットフォームを発売

アカデミアシステムズは、AIの活用で、外国人の日本語対話スキルを向上させて、日本語の実務教育に活用できる「MissionJapanese Ver2サービス」(法人向け)を、12日から企業・学校向けに販売開始する。

0612-mj同社は、人間の代役として、コンピュータ(AIを用いたChatBot)がロールプレイ形式の対話練習の相手役をする日本語学習アプリ「MissionJapanese」を開発してきたが、今回、オンラインスクール向けにシステム機能を拡張した「Ver.2」を発売する。

Ver.2は、RolePlay形式の練習用対話モデルをGUIで簡単に作成できるツール「ChattyCoach」、AIを活用した対話の正誤判定を分かりやすく表示するシンプルなユーザーインタフェース、オンラインスクールの運営サポートに必要なLiVE対話(ビデオチャット機能)やフォーラム機能、を統合したプラットフォームを実現。

同システムは、早稲田大学日本語教育研究科・宮崎里司教授が提唱している「ワセダ日本語バンドスケール(介護版)」に準拠しており、実務で使う日本語スキルの効率的な学習体系を実現できる。

また、JPA社の外国人向け日本語学習オンラインスクール「JPAS」が採用。国内企業で働く外国人や、「特定技能制度」で来日する外国人向けの日本語教育サービスとして、7月からサービスを開始する予定。

「MissionJapanese Ver2」の販売料金は、法人グループ毎の人数、学習コンテンツ種類に応じて別途見積りをするシステム。

関連URL

MissionJapanese Ver2

アカデミアシステムズ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
リモートワークで使用するPCのセキュリティ対策できてますか? Yubi Plusで対策する! 先生方にもテレワークを! Yubi Plus
Classi 文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • クラウド授業支援 ビデオ会議機能を搭載! TeacherView
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス