1. トップ
  2. 学校・団体
  3. AsukaAcademy、「オープンエデュケーション国際コンソーシアム」で受賞

2019年9月19日

AsukaAcademy、「オープンエデュケーション国際コンソーシアム」で受賞

AsukaAcademyは18日、オープンエデュケーションの利活用をグローバルに推進する国際組織「Open Education Consortium」が主催する「OPEN EDUCATION AWARD」で、「OER TRANSLATION Award for Excellence 2019」を受賞したと発表した。

この賞は、世界トップレベルの高品質で革新的なオープンエデュケーションコンテンツを、翻訳や再配布を通じて、誰もが活用できるようにし、広く多様な学習者の利活用を促進す る活動について与えられるもの。

同賞の受賞は国内で初めてで、AsukaAcademyの取り組みが世界的に認められたことになる。

AsukaAcademyは、2014年のNPO設立以来、MIT、Yale、UCI、デルフト工科大学を始め、多くの世界トップの教育機関による公開学習コンテンツを日本語に翻訳し、日英字幕をつけた動画教材としてインターネットに、すべて無料で公開してきた。

公開講座数はのべ100を超え、多くの学習者・学習現場に活用されている。

AsukaAcademyは、ネットラーニンググループと内田洋行が支援するNPO法人。海外の高等教育機関と協力し、翻訳ボランティアの力を結集して、世界トップ大学のオープンコースウェアを日本語化し、日本語による各種支援も含めながら、Asuka Academyプラットフォームで次々に無償公開している。

今後の公開予定は、生物化学、SDGs、STEM教育、アメリカの働き方改革、アメリカアカデミズムの歴史、生物進化学、ケミカルバイオロジー、マクロ経済、確率統計、データサイエンスなど。

関連URL

公開済みコース

「AWARD FOR EXCELLENCE」

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス