1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 放課後教育支援アプリ「おかえりチェッカー」、広告賞ACCアワードで受賞

2019年10月17日

放課後教育支援アプリ「おかえりチェッカー」、広告賞ACCアワードで受賞

Empathは16日、音声感情解析AI「Empath」搭載の放課後教育支援アプリのプロトタイプモデル「おかえりチェッカー」が、「2019 59th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS」のクリエイティブイノベーション部門で「ACCブロンズ」を受賞したと発表した。

「おかえりチェッカー」は、電通デジタルが開発した放課後教育支援アプリのプロトタイプモデル。

音声感情解析AI「Empath」で、学童に通う児童の挨拶の声から、喜び、平常、怒り、哀しみなどの気分状態をリアルタイムで判定。これまで見逃されていたストレス・サインを可視化、検知することができる。

その結果、職員が経験値によらず優先的にケアが必要な児童を把握し、適切なタイミングでストレス・ケアを行えるようになり、学童職員の業務負担も軽減できる。

今回、「おかえりチェッカー」が受賞したACCアワードは、TV、ラジオCMの質向上を目的とした、各領域のクリエイティブが対象の国内最大級のクリエイティブ・アワード。

「おかえりチェッカー」は、人手不足による学童職員の業務過多と学童に通う児童へのストレス・ケアという課題に対して、最先端のテクノロジーを使って解決策を示したことが評価され、クリエイティブイノベーション部門でACCブロンズを受賞した。

関連URL

Empath

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス