1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ロボットでの音声対話に感情解析AI技術を活用

2017年12月13日

ロボットでの音声対話に感情解析AI技術を活用

Empath Inc.は12日、同社が開発した感情解析AI「Empath」が、富士通の「ロボットAIプラットフォーム」に採用されたと発表した。

d30514-1-459491-0第1弾として、ユニロボットのコミュニケーションロボット「unibo」と接続したサービスを提供開始する。

富士通の「ロボットAIプラットフォーム」は、コミュニケーションロボットを始めとするさまざまなデバイス群と接続でき、デバイスと人が自然なコミュニケーションを実現する。

独自の人工知能による自然対話技術、表情認識技術、音声感情分析技術、個人認識技術を持ち、個人の感情を読み取り、状況に応じた対話ができる。また、個性を学習するユニロボットのクラウド環境とも接続しており、サービスロボット「unibo」の管理、制御を行う。

音声感情解析にはEmpathが開発した、Emotion AI「Empath」を利用。音声の物理的な特徴量から気分の状態を独自のアルゴリズムで可視化し、数万人の音声データベースを元に喜怒哀楽や気分の浮き沈みをリアルタイムで判定する。

奈良先端科学技術大学院大学との共同研究やNTTドコモの被災地支援事業で採用されたほか、ロボティックスやコールセンターなど幅広い分野で活用されている。

海外でも注目を浴びており、アラブ首長国連邦内務省に正式に採用されたほか、開発者向けに提供しているWeb Empath APIは現在、世界40カ国以上で利用されている。

関連URL

ロボットAIプラットフォーム

Empath Inc.

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
GIGAスクールでの表現活動に。 Adobe Spark 詳しくはこちら Adobe
Adobe Creative Cloud 一人年間500円以下 Adobe Creative Cloud 小中高向け 詳しくはこちら Adobe
NICA 全国ICTクラブ協会 《オンライン開催》 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • vmware GIGAスクール構想 文科省標準仕様に対応した MDM
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス