1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. プログラミングコンテストサイト「AtCoder」、日本人登録者数が10万人を突破

2020年4月3日

プログラミングコンテストサイト「AtCoder」、日本人登録者数が10万人を突破

AtCoderは1日、同社のプログラミングコンテストサイト「AtCoder」の日本人登録者数が10万人を突破したと発表した。

同サイトは、2016年7月のリニューアル以降、堅調に登録者数が伸びていたが、2018年12月以降に参加者数が急増。

日本人登録者数は、2019年3月から1年で約2倍の10万人を突破した。海外からの登録者数も1年で1.5倍に増加し、全登録者数の40%を超える勢いで増加を続けているという。

また、毎週開催しているプログラミングコンテストの参加者数も伸びており、3月28日に開催した「ABC」(AtCoder Beginner Contest)では、1問以上コードを提出したコンテスト参加者は、日本人が6398人、外国人が3349人と、全世界で1万人近かった。

「AtCoder」は、創業以来8年間で通算600回以上のコンテストを開催し、出題した問題は3000問を突破。この過去問は、「AtCoder」ユーザーの有志が作成したコンテンツを通じて、コンテストの練習やプログラミング学習に利用されている。

「AtCoder」には、約18万3000人(うち日本人10万2073人)が参加登録し、毎週開催される定期コンテストには約9700人が挑戦している。

同社は、高度IT人材採用・育成事業として、コンテスト参加者の成績を8段階にランク付けした「AtCoderランク」を利用する転職・求職支援サービス「AtCoder Jobs」や、IT人材のプログラミングスキルを可視化できる検定「アルゴリズム実技検定・PAST」のサービスも展開している。

関連URL

「AtCoder」

「AtCoder Jobs」

「アルゴリズム実技検定・PAST」

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
ぼくたちは、世界標準で学ぶ こどもOffice(R) Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト 製品サイトへ
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス