1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. AI先生「atama+」導入塾・予備校の500教室以上がオンライン授業を開始

2020年4月8日

AI先生「atama+」導入塾・予備校の500教室以上がオンライン授業を開始

atama plus社は7日、同社のAI先生「atama+」を導入している全国の塾・予備校の500教室以上で、「atama+」Web版を活用したオンライン授業を開始していると発表した。

新型コロナウイルスによる外出自粛や休校が相次ぐ中、「atama+」を導入する塾・予備校のうち、城南予備校DUO、栄光の個別ビザビ、Z会個別指導教室、能力開発センターなどの全国500教室以上が、「atama+」Web版を活用したオンライン授業を開始。

事態の長期化が見込まれる中、オンライン授業は今後ますます広がっていくことが想定されるという。

同社は、AI先生「atama+」を全国の塾・予備校に提供しているが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、2月28日から、生徒が自宅でも「atama+」を受講できるWeb版の提供を始めた。

塾・予備校内のタブレットだけでなく、自宅のパソコンやタブレット、スマホのブラウザから「atama+」を利用できる環境を用意している。

また同社は、「atama+」Web版を活用したオンライン授業が中高生の学びにあたえる効果を明らかにするため、「atama+」を導入する塾・予備校約1000教室の中高生を対象に、3月1日〜30日にかけて、利用生徒の学習データの分析調査を行った。

その結果、授業時間内にAIが「合格(十分に理解している)」したと判定した単元の1人あたり平均数/時は、教室で授業を受ける生徒と自宅でオンライン授業を受ける生徒でほとんどの教科において差がなく、講師による遠隔のコーチングが伴うことで、教室での授業と同程度の学習効果をオンライン授業で実現できていることが確認できたという。

「atama+」は、生徒一人ひとりの「得意」「苦手」「伸び」「つまずき」「集中状態」などのデータを「アタマ先生」と名づけられたAIが分析。一人ひとりに合った「自分専用レッスン」をつくることで学習を効率化する。

関連URL

「atama+」

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
ぼくたちは、世界標準で学ぶ こどもOffice(R) Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト 製品サイトへ
NICA 全国ICTクラブ協会 Webニュースライター講座 ≪オンライン開催≫ あなたもプロになれる!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス