1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. STEAM教育領域の新しい通信教育「ワンダーボックス」サービス開始

2020年4月9日

STEAM教育領域の新しい通信教育「ワンダーボックス」サービス開始

ワンダーラボは8日、通信教育サービス「WonderBox」を開始した。

WonderBoxは、毎月届くパズルやワークブックなどのキットと、専用アプリを組み合わせて学ぶ新しいスタイルの通信教育サービス。つねに10以上のコンテンツによって構成され、プログラミング、アート、ボードゲーム、パズルなどさまざまなテーマから、子ども自身の興味関心に沿って自由に学ぶことができる。

既存の通信教育のように教科学習の補助教材ではなく、子どもの意欲を引き出し、感性と思考力が自然と育っていくことを目的とした教材で、多くのコンテンツが緩やかな誘導を経て、最終的に正解のない自由な創作に行き着くように設計されている。

対象は4歳~10歳。価格は月額3700円(税込)から。

関連URL

「WonderBox」

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
NICA 全国ICTクラブ協会 《オンライン開催》 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス