1. トップ
  2. データ・資料
  3. 児童養護施設はパソコン不足に苦慮 =ライツオン・チルドレン調べ=

2020年4月14日

児童養護施設はパソコン不足に苦慮 =ライツオン・チルドレン調べ=

ライツオン・チルドレンは、新型コロナウイルス感染拡大と休校の長期化を受け、東京の児童養護施設を対象にWebアンケートを実施して、13日にその結果を公表した。


調査は今月9日・10日に東京の児童養護施設56カ所を対象に行われ、34施設から回答を得た。その結果から、オンライン学習に移行する学校や塾が増えるなか、児童養護施設ではパソコンが不足し、対応に苦慮している実情が浮かび上がった。

休校の長期化や社会情勢の変化に関連して、子どもや退所者に及んでいる影響や懸念点を訊ねたところ、34施設中25施設が子どものストレスを懸念していたほか、17施設は学習の遅れやオンライン学習への対応に不安があると回答した。

また、施設を出て仕事をしたり、大学などに通ったりしている退所者についても懸念の声が集中した。さらに、高校生の子どもたちはアルバイトができなくなっており、収入が減ることで携帯電話料金の支払いが難しくなれば、友人との交流や学業にも影響の出る懸念があるという声が聞かれた。

子ども用パソコンが手に入った場合の活用方法については28施設が「学校の課題」と回答。また、「学校や塾での学習を補うためにインターネットを使った学習をさせたい」と答えた施設も29施設に上った。

アンケートへの回答から算定したところ、直ちにパソコンが必要な施設は25施設、パソコンの台数は160台となる。こうした現状を踏まえ、ライツオン・チルドレンでは東京の児童養護施設に子どもたちが使うためのパソコンを寄贈するプロジェクトを立ち上げ、一般の法人、個人からの寄付を呼びかけている。企業の場合は使用済みパソコンの寄付で支援することもできる。

関連URL

プロジェクトの詳細

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス