1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. HENNGE×サイバートラスト、休校中の遠隔授業を支援するため協業を強化

2020年4月28日

HENNGE×サイバートラスト、休校中の遠隔授業を支援するため協業を強化

HENNGEとサイバートラストの2社は27日、新型コロナウイルスによる学校の休校を受けて、国内の教育機関向けに休校中の安心・安全な遠隔授業を支援するため、協業を強化すると発表した。

両社は今後、サイバートラストの端末認証サービス「サイバートラスト デバイスID」とHENNGEのSaaS認証基盤「HENNGE One」のサービスを連携して、教育機関向けに展開していく予定。

「サイバートラスト デバイスID」は、厳格な端末認証として、管理者が指定した端末にだけデバイス証明書を登録し、かつ一度登録されたデバイス証明書の複製や取り出しができない仕組みを実現したデバイス証明書発行管理サービス。

Windows、macOS、iOS、AndroidのOSで動作し、パソコン、iPhone、Android搭載端末をはじめ、幅広い端末に対応している。

教育機関での利用では、管理者が発行申請したデバイス証明書を利用者に配付し、デバイス証明書を登録した端末だけを接続先のネットワークにアクセス可能にすることで、不正アクセスを防ぎ安全な教育環境を構築できる。

一方「HENNGE One」は、Microsoft365、G Suite、Box、LINE WORKSなど、さまざまなクラウドサービスに対して横断的に、セキュアなアクセスとシングルサインオン機能などを提供するSaaS認証基盤(IDaaS)。

HENNGE Oneを活用することで教育機関では、利便性と安全性のバランスの取れたクラウド活用と、教職員の働き方改革につなげることができるようになる。

この2つの組み合わせで、不正アクセスを防止し、クラウドサービスの利便性を損なうことなく安心・安全な遠隔授業の実現を支援する。

関連URL

「サイバートラスト デバイスID」

「HENNGE One」

サイバートラスト

HENNGE

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス