1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 銀の鈴社、電子ブックストアの「500冊無料開放」を6月末まで延長

2020年5月12日

銀の鈴社、電子ブックストアの「500冊無料開放」を6月末まで延長

銀の鈴社は11日、新型コロナウイルスによる休校や休園などを受けて実施していた、電子ブックストアの「500冊無料開放」を、6月30日23:59まで延長すると発表した。


同社は、「子ども達の学びや読書の機会を失うことがないようにしたい」という思いから、3月9日~5月10日までの期間、同社とアイプレスジャパンが運営する「銀の鈴社・電子ブックストア」で、電子書籍約500冊を無料開放するキャンペーンを実施してきた。

しかし、コロナ休校が長引いていることなどから、今回、この無料開放期間を6月末まで延長することにした。

無料開放コンテンツには、谷川俊太郎や井上靖、内田麟太郎などの語り継がれるべき名作をはじめとする優良図書も多く、図書館や教科書などで馴染み深い絵本や詩集などの心を育む作品に触れるチャンスでもある。

コンテンツは、コンテン堂モール内の「銀の鈴社 電子ブックストア」から何冊でもダウンロードでき、31日間閲覧できる。

無料開放の概要

無料開放期間:6月30日(火)23:59まで
購入方法:0円で「レンタル(31日間)」を購入
閲覧可能期間:購入後31日間
対象コンテンツ:銀の鈴社刊行の電子書籍約500冊
閲覧可能端末:iPhone/Android/iPad/Androidタブレット/Windows PC/Mac
参考:コンテン堂会員登録が必要(無料)
詳細

関連URL

銀の鈴社

アイプレスジャパン

「ConTenDo(コンテン堂)」

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス