1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 角川ドワンゴ学園、トークイベント「これからの“学び”の話をしよう」を12日開催

2020年6月6日

角川ドワンゴ学園、トークイベント「これからの“学び”の話をしよう」を12日開催

角川ドワンゴ学園は4日、グルーヴノーツと、教育について語り合うトークイベント「これからの“学び”の話をしよう」を共催すると発表した。初回は6月12 日18 時から19時30分に、「第 0回オンライン授業のリアルと可能性」を実施。

キックオフとなる初回は、「オンライン授業のリアルと可能性」をテーマに実際のオンライン授業や生徒たちの様子、工夫・苦労しているポイントなどを紹介。

また、オンライン教育の可能性にフォーカスしながら、オンライン授業の経験・体験から見えてきた“オンラインでどのような学びを提供したら良いか”を登壇者だけでなく、参加者と双方向で議論する。

「これからの“学び”の話をしよう」は、今後、テーマを広げ、様々なゲストに登壇してもらえる内容でのシリーズ化を目指す。

「これからの“学び”の話をしよう」概要

■開催日時:6月12日(金)18 時 00 分~19 時 30 分
■登壇者:園利一郎氏(学校法人角川ドワンゴ学園 経験学習部)、佐々木久美子氏(テックパーク)、林田暢明氏(「TAO」オーナー・総務省 地域力創造アドバイザー)
■内容:
・学校法人角川ドワンゴ学園 N高等学校・N 中等部におけるオンライン教育について
・テックパークオンラインでの実践例について
・トークセッション
1 オンライン教育の現場から
2 これからの”学び”のかたちとは?
3 何を”学ぶ”のか?
・参加者も交えた Q&A セッション
■対象:教育関係者(学校の教員及び学校経営者、民間教育従事者)、保護者
■定員:100人
■受講形式:ビデオ会議ツール「Zoom」を使用し、参加者はオンラインで受講
■申込:必要事項を記入の上申し込む。受付は先着順、定員になり次第締め切り。

申込フォーム

関連URL

角川ドワンゴ学園N高等学校

グルーヴノーツ

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス