1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. Z会×ソニー、小学生向けプログラミング通信教育講座を共同開発

2020年6月12日

Z会×ソニー、小学生向けプログラミング通信教育講座を共同開発

Z会は11日、ソニー・グローバルエデュケーションと協業し、小学生向けプログラミング通信教育講座を共同開発したと発表した。

開発したのは、Z会の通信教育「Z会プログラミング講座 みらい with ソニー・グローバルエデュケーション」。ソニー・グローバルエデュケーションが開発したロボット・プログラミング学習キット「KOOV」と、Z会の小学生向け指導ノウハウを融合したもので、11日から申込受付を開始した。

この講座では、「多様性・不確実性を受け入れるしなやかな姿勢」や「主体的に創造する力」を身に付けるための教育方針をとる「STEAM教育」をベースにしたオリジナルカリキュラムと、ロボット・プログラミング教材KOOVを使って学ぶ。

新開発のオリジナルテキスト「みらいワーク」とアイデアをかたちにできる「KOOV」を組み合わせることで、プログラミングのスキルだけでなく、読解力やデータの読み取り、科学的・数学的な思考力といった、新しい学力を総合的に育成する。

各1年間で学ぶスタンダード1、スタンダード2、スタンダード3があり、3年間でスタンダードコースが完結する。

それぞれに学びのテーマがあり、学習者も保護者もステップアップしていることを実感できるようなプログラミング診断テストも提供。受講対象を既存の教科学習の「Z会の通信教育」受講者に限定せず、全国の小学生が申し込める。

講座の概要

提供開始時期:7月「スタンダード1」、12月「スタンダード2」「スタンダード3」
提供講座:
スタンダード1:小学1~3年生推奨
スタンダード2:1を修了した人(小学2年生以上推奨)
スタンダード3:2を修了した人(小学3年生以上推奨)
カリキュラム:
各講座とも月1回、全12回の1年間カリキュラム、KOOVアプリケーションとオリジナルテキスト「みらいワーク」による構成、プログラミングを行うにはタブレットまたはパソコンが必要となる
受講料金(税抜):
スタンダード1:月額4000円(12カ月一括払い時3400円)
スタンダード2:月額5000円(12カ月一括払い時4250円)
スタンダード3:月額5000円(12カ月一括払い時4250円)
最初の申し込み時に、KOOVアドバンスキットを別途購入(4万7520円)

詳細・申込

関連URL

Z会

ソニー・グローバルエデュケーション

「KOOV」

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス