1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 英会話アプリ「CAMBLY」、無料のオリジナル教材コースを新たに導入

2020年6月23日

英会話アプリ「CAMBLY」、無料のオリジナル教材コースを新たに導入

Cambly Inc.(本社:米サンフランシスコ)は22日、8周年を迎えた、同社のオンデマンド型オンライン英会話「CAMBLY(キャンブリー)」のカリキュラムを一新し、アプリでもブラウザでも利用できる無料のオリジナル教材コースを新たに導入した、と発表した。

今回「キャンブリー」に導入された無料の新カリキュラムは、既存の受講者や講師陣の意見を参考に、英語教材作成のプロが集結したプロジェクトチームが独自開発。

スライド形式、カメラ映像と教材の同時表示、タッチパネルやマウスで書き込みが可能、学習目的や英語レベルに応じた多様なコース、すべてのデバイス(PC、スマホ、タブレット)に対応、という5点が特徴。

初心者に限らず、中級者や上級者まで、ビジネス英会話やIELTSなどの試験対策、日常会話を学びたい人など、どのような学習目的や英語レベルにも対応できるよう、カリキュラムは「英語を流暢に話すための基礎」「専門的能力の開発」「自己表現」「試験対策」の4つのコースで構成。各コースのレベル毎に、多数のレッスントピックが用意されている。

「スピーキング力習得」に特化した「キャンブリー」ならではの、英会話の実践に役立つオリジナルカリキュラム。全コース無料で、誰でも利用できる。また、カリキュラムのコースは今後も随時追加予定。

日本の受講者は、教材を使ったレッスンを好む傾向があり、今回の新たなスピーキング力を高めるためのカリキュラム型レッスンは、そうした学習者の強い味方になる。

現在、「無料体験レッスン」を実施中で、「キャンブリー」のアカウントに登録すると、15分の初回無料レッスンが受けられる。さらに、新カリキュラムのローンチを記念し、紹介コード「curr2020trial」をプレゼント。無料レッスンでも新カリキュラムを試せる。

関連URL

「キャンブリー」

アカウント登録(紹介リンク)

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス