1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. そろタッチ、学習効果を学習履歴データをもとに実証、研究論文を公開

2020年7月1日

そろタッチ、学習効果を学習履歴データをもとに実証、研究論文を公開

Digikaは国際カンファレンスICIET2020で、同社の開発する「そろタッチ」がもたらす学習効果を学習履歴データをもとに実証した研究論文を発表した。

同社は、今年3月28日にThe 8th International Conference on Information and Education Technology 2020(ICIET2020)おいて論文「Evaluation of Mental Calculation Educational System with Invisible Abacus」を発表し、ACM(Association for Computing Machinary) DIGITAL LIBRARYに論文が公開された。

同論文はDigikaと東京大学 徳田慶太氏、静岡大学 須藤明人氏、東北大学 藤原直哉氏の共著で、特許技術を使ったそろタッチの学習効果を学習履歴データをもとに実証している。

関連URL

論文公開

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ITパスポート WEB通信講座 受講料11,000円 資格★合格クレアール
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス