1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. そろタッチ、学習効果を学習履歴データをもとに実証、研究論文を公開

2020年7月1日

そろタッチ、学習効果を学習履歴データをもとに実証、研究論文を公開

Digikaは国際カンファレンスICIET2020で、同社の開発する「そろタッチ」がもたらす学習効果を学習履歴データをもとに実証した研究論文を発表した。

同社は、今年3月28日にThe 8th International Conference on Information and Education Technology 2020(ICIET2020)おいて論文「Evaluation of Mental Calculation Educational System with Invisible Abacus」を発表し、ACM(Association for Computing Machinary) DIGITAL LIBRARYに論文が公開された。

同論文はDigikaと東京大学 徳田慶太氏、静岡大学 須藤明人氏、東北大学 藤原直哉氏の共著で、特許技術を使ったそろタッチの学習効果を学習履歴データをもとに実証している。

関連URL

論文公開

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
期間限定体験コース開設 CLICK! 非営利型一般社団法人 Just-learning

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • みらいスクールステーション 学校内の密集回避や分散授業に みらスクで感染症対策! FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス