1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. LoiLo 、横浜市教委とGIGAスクール構想実現に向けた連携協定を締結

2020年7月16日

LoiLo 、横浜市教委とGIGAスクール構想実現に向けた連携協定を締結

LoiLo は15日、横浜市教育委員会とGIGAスクール構想実現に向けた連携協定締結式を7月20日に行うと発表した。今回の連携協定により、横浜市すべての市立学校で授業支援クラウド「ロイロノート・スクール」の運用が開始され、情報社会を生きる能力を育成するという同市の新たな教育がスタートする。協定締結式は7月20日15時から横浜市庁舎9階にある市長応接室にて行う予定。

横浜市教育委員会では、令和2年度中に市立学校(小学校・中学校・特別支援学校〈小・中学部〉)に在籍する児童生徒および教職員に対し、1人1台端末を付与する整備が進められている。端末を効果的に使った教育活動を展開していくために、今回の連携協定を締結することになった。

本協定は、同委員会が独自に策定した「横浜市におけるGIGAスクール構想の方向性」に示される「学びの改革」「心と身体のケア」「学校と家庭との連絡調整」の推進を目的としている。具体的な連携の内容は、横浜市立学校教職員及び横浜市立学校に在籍する児童・生徒に対するロイロノート・スクールのアカウント発行や無償利用の提供のほか、同協定によるロイロノート・スクールの利用者及び関係者からのロイロノート・スクールの活用に係るフィードバック、成果や課題の共有、発信などが予定されている。

ロイロノート・スクールとは、教育1人1台時代、生徒の主体性を育み、双方向授業を作り出す授業支援クラウド。小学校から大学まですべての授業で使え、資料のやりとり、思考の可視化、意見の共有などが直感的にできる。子どもたちが自ら考え表現する協働的な学びや、教員の負担軽減につながり、個別最適化された学びづくりや遠隔での学習にも効果を発揮する。マルチプラットフォームに対応しており、1日30万人以上が利用。全国で5000校以上、1人1台校では320校に導入されている。

関連URL

横浜市におけるGIGAスクール構想の方向性

ロイロノート・スクール

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト こどもOffice(R) ぼくたちは、世界標準で学ぶ GIGAスクール構想にも最適です!
NICA 全国ICTクラブ協会 Webニュースライター講座 ≪オンライン開催≫ あなたもプロになれる!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス