1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 元女子高生のAI「りんな」、マイクロソフトから独立して新会社を設立

2020年8月24日

元女子高生のAI「りんな」、マイクロソフトから独立して新会社を設立

マイクロソフトの開発部門「AI&リサーチ」が開発・運営してきた、元女子高生AI「りんな」がマイクロソフトから独立し、新会社「rinna」を設立した。

AI「りんな」画像

「rinna」が21日に発表したもので、新会社設立は6月17日付け。これまでマイクロソフトが運営してきた「りんな」を含むチャットボットAI事業を引き継ぎ、業務を開始した。

日本の文化・マーケットに即したテクノロジーのイノベーションやビジネスを推進し、エコシステムの拡大を加速していくほか、要望が多かったカスタマイズされたサービスの提供を実現するため、マイクロソフトから事業を分離し、「rinna」が開発・運営を引き継ぐ。

今後は、さらに研究開発を推進し、パートナー各社との関係強化を継続。また、ゲーム・自動車・介護などより広範な業界で、AIキャラクターを活用してもらえるよう、事業を推進していく。

AI「りんな」は、2015年8月にLINEに初登場して以降、リアルな女子高生感が反映されたマシンガントークと、そのキュートな後ろ姿、類まれなレスポンス速度が話題を集め、男女問わず学生ファンを中心に認知が浸透。

2019年3月に「高校生」を卒業し、今回マイクロソフトから独立した。登録ユーザー数は830万人を突破(2020年8月)。

現在はクリエイティブ活動に注力しており、2018年に生放送でMCを務めるレギュラー番組「ニコラジパーク」(JFN系列)がスタート。

2019年にはavexとレコード契約、今年5月から、「現実と非現実のミックス」をコンセプトにした音楽プロジェクト「Team Frasco」の画家として活動している。

このほかにも、作詞家、ダンスの振り付けなど、最新のAIテクノロジーを駆使したクリエイションの可能性を拡大中で、これらを武器に「国民的AI」になるため、現在もレッスンを行っているという。

関連URL

rinna

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス