1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. アーススクール、子どもたちが「異文化を語り合う」イベントを27日開催

2020年9月3日

アーススクール、子どもたちが「異文化を語り合う」イベントを27日開催

明光ネットワークジャパンが運営する英語学習塾の「アーススクール」は、子どもたちが異文化を語り合うディスカッションイベント「青年海外協力隊員と世界探究・アフリカを通して考える、“世界”」を、9月27日にオンラインで開催する。

当日は、まず、JICA青年海外協力隊としてアフリカの小さな国エスワティニで活躍していた元隊員が、アフリカという異文化を題材に、日本にいては知り得ないワクワクするような現地のリアルを解説する。

その後、子どもたち同士で「世界探究型ディスカッション」を体験。参加対象は、小学4年~高校3年生。

具体的には、日本と全く違う国で青年海外協力隊はどんなことをしているのかを紹介しながら、「自分たちならどうするだろう?」と疑問を子どもたちに投げかけ、ディスカッションし、学校では教えてくれないリアルな世界を探究する好奇心の芽を伸ばしていく。

ディスカッションや世界を学ぶことに興味がある、SDGsを初めとした世界の課題や国際協力について関心がある、英語学習に興味がある、生徒たちにオススメだという。

開催概要

開催日時:9月27日(日)10:00~12:00
開催方法:オンライン(Zoomを使用、参加申込み後にZoomのURLを送付)
対象:小学4年生~高校3年生(保護者もディスカッション以外は参加可能)
定員:25人(先着順)
使用言語:日本語
参加費用:無料
申込み締切り:9月20日(日)まで
詳細・申込

関連URL

「アーススクール」

明光ネットワークジャパン

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス