1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 東大発ロボット開発ベンチャー「キビテク」、6840万円の資金調達を実施

2020年9月23日

東大発ロボット開発ベンチャー「キビテク」、6840万円の資金調達を実施

東大発のロボット開発ベンチャー「キビテク」は18日、シンク・アイ・ホールディングス、匠、ウイルテックの3社を引受先とする、6840万円の第3者割当増資を実施したと発表した。

キビテクは、東大の人型ロボット研究室JSK(情報システム工学研究室)出身者を主に2011年に創業した、知能ロボットの開発を行うベンチャー企業。

様々な高難度の業務への自律ロボットの導入を促進するために、自律ロボットに搭載されたAIを遠隔オペレータが効率よくアシストすることで、常識を扱えない、大量の事前知識を必要とするAIの課題を克服する高度自律型遠隔制御システム「HATS(ハッツ)」(Highly Autonomous Teleoperation System)」の開発を進めている。

今回調達した資金、および、出資企業との連携で、来年度の本格サービスインに向けて、各種現場の知識に基づいた遠隔アシスト機能実現のためのソフトウェア開発と、オペレーションセンター体制の構築を加速させる。

また、製造現場でのFA系への取り組みも推進していく予定。

「HATS」は、遠隔オペレータが簡単な操作で要点だけをロボットに指示することで、1人が担当できるロボット台数を格段に多い状態で運行できるようにするシステム。これにより、停止したロボットの復旧などの対応を効率的に行えるようにするという。

関連URL

「HATS」

キビテク

自己効力感を高め苦手意識を克服 明秀学園日立高等学校 すらら 活用事例のご紹介
Classi オンラインセミナー2020 新学習指導要領を見据えた学校グランドデザインとICT活用を考える 3校の事例講演あり 11/14(土)
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
時間と距離の課題をICTでクリア 島しょ部の生徒たちに刺激と交流の機会を マイナビニュース PR:シスコシステムズ
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • ICT授業を止めない、快適なネットワーク環境づくり! ~withコロナ時代に先進学校から学ぶ~ 会期:2020年11月10日(火) 時間:13:00~17:00 主催:マイナビニュース 協賛:FURUNO SYSTEMS WIRELESS NAVI 2020
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス