1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 東大発ロボット開発ベンチャー「キビテク」、6840万円の資金調達を実施

2020年9月23日

東大発ロボット開発ベンチャー「キビテク」、6840万円の資金調達を実施

東大発のロボット開発ベンチャー「キビテク」は18日、シンク・アイ・ホールディングス、匠、ウイルテックの3社を引受先とする、6840万円の第3者割当増資を実施したと発表した。

キビテクは、東大の人型ロボット研究室JSK(情報システム工学研究室)出身者を主に2011年に創業した、知能ロボットの開発を行うベンチャー企業。

様々な高難度の業務への自律ロボットの導入を促進するために、自律ロボットに搭載されたAIを遠隔オペレータが効率よくアシストすることで、常識を扱えない、大量の事前知識を必要とするAIの課題を克服する高度自律型遠隔制御システム「HATS(ハッツ)」(Highly Autonomous Teleoperation System)」の開発を進めている。

今回調達した資金、および、出資企業との連携で、来年度の本格サービスインに向けて、各種現場の知識に基づいた遠隔アシスト機能実現のためのソフトウェア開発と、オペレーションセンター体制の構築を加速させる。

また、製造現場でのFA系への取り組みも推進していく予定。

「HATS」は、遠隔オペレータが簡単な操作で要点だけをロボットに指示することで、1人が担当できるロボット台数を格段に多い状態で運行できるようにするシステム。これにより、停止したロボットの復旧などの対応を効率的に行えるようにするという。

関連URL

「HATS」

キビテク

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス