1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 「JIDF学生文化デザイン賞2021」、応募に役立つ情報をWEBで公開中

2020年12月7日

「JIDF学生文化デザイン賞2021」、応募に役立つ情報をWEBで公開中

日本文化デザインフォーラム(JIDF)は、全国の学生を対象に来年1月15日まで作品を募集している「JIDF学生文化デザイン賞2021」の応募の際に役立つ情報などを、公式サイトで公開している。

現在公開しているのは前回受賞者のインタビュー記事で、今後も前回ファイナリスト・プレゼンテーション動画などをJIDF公式サイトとFacebookで順次公開していく。

昨年の第2回大会では、唯一の高専生としてファイナリスト・プレゼンテーションに挑んだ国立奈良工業高等専門学校の末永共助さんを中心としたグループが、実際に受賞する活躍をみせた。

そこで、現在応募を検討している学生に少しでも有益な情報を届け応募の後押しをしようと、同賞の経験者である末永さんへのインタビューを実施しWEBで公開した。

JIDF学生文化デザイン賞は、「すべての学生の“∞無限”の可能性へ」をキーメッセージに、テーマ自由・ジャンル不問・グループ応募可と「なんでもアリ」のコンクール。サエキけんぞう、中島信也、蜷川有紀らをはじめとする豪華な顔ぶれのJIDF会員(総勢約80人)が審査を行うことも特徴の1つ。

2021年は、1月15日まで応募を受付け、3月12日に東京・渋谷の「LOFT9 Shibuya」で最終プレゼン審査を実施。審査ではグランプリ、準グランプリの選出に加え、JIDF協賛各社による協賛社賞も設ける。

「学生文化デザイン賞2021」概要

募集内容:今考えている、または進行しているクリエイティブなプロジェクトやコンセプト
応募締切:2021年1月15日(金)必着
応募資格:学生(大学生、専門学校生、国立高専生など)、個人・グループは問わない
発表:応募締切後、1次審査を通過したファイナリストに2次審査の案内を通知
審査:
・1次審査:IDF会員による書類審査で、ファイナリスト6人(組)を選出
・2次審査(ファイナリスト・プレゼンテーション):ファイナリスト6人(組)による各15分間のプレゼンテーションを行った後、JIDF選抜会員によるアワード決定バトル(公開審査)を経て、グランプリほか各賞を決定
賞:「グランプリ」賞金30万円、「準グランプリ」賞金10万円

詳細・申込

関連URL

インタビューの詳細

「JIDF会員」

日本文化デザインフォーラム

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 校務用PC 二要素認証ログイン 導入事例 秀明英光高等学校 かんたん操作で情報漏洩を防ぐ 詳しくはこちら
Classi 文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
NEWSサイト作成・運営 オウンドメディアに最適 wanitel

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • GIGAスクール構想 機器のお悩みはこちら 24時間365日受付
  • Biz安否確認/一斉通報 アカデミックプラン 22円/IDからの料金体系
  • 保護者や生徒との連絡手段でお困りではありませんか? 無料お試しキャンページ実施中! NTTレゾナント
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス