1. トップ
  2. データ・資料
  3. 5人に4人以上が2021年に英語を改めて学習したいと回答 =プログリット調査=

2021年1月7日

5人に4人以上が2021年に英語を改めて学習したいと回答 =プログリット調査=

プログリットは、2020年の英語学習状況、および2021年における英語学習の意向についてウェブアンケートを実施し、2020年に英語学習を試みた人の実に85%が「2021年も改めて英語学習に取り組みたい」と思っていることが分かったと発表した。

プログリットでは、そういった人の新年の英語学習のスタートダッシュを後押しすべく、「新年!英語応援キャンペーン」を31日までの期間限定で実施するという。

この調査は、20代~50代の男女で有職者1000人を対象に、2020年12月9日~11日にかけてインターネット調査で実施。

対象者に、2020年中の英語学習意欲を聞いたところ、83%が「2020年に英語学習を行おうと思った」と回答。当初2020年中に予定されていたオリンピックや、コロナ下で在宅時間が増えたことによる自己研鑽意欲の向上などが要因となり、高い結果になったという。

一方で、上記質問に「はい」とした回答者(831人)に目標の達成度を聞くと、実に83%が「当初立てた目標を達成できなかった」と回答。英語学習の継続、及び、英語習得の困難さが改めて浮き彫りとなる結果に。

更に、2020年に英語学習を志した831人に対し、2021年における英語学習意欲を聞いたところ、85%が「2021年に、改めて英語学習を行いたい」と回答。前問で「目標達成できた」と回答した人に関してもその割合が81%と高水準となった。新年に英語学習に再挑戦したい人だけではなく、更なる高い目標に向けて継続的に学習を行いたい人が多くいることがわかったという。

キャンペーン概要

対象:1月5日(火)から2021年1月31日(日)までにプログリットの無料カウンセリングを予約し、プログリットの受講を無料カウンセリング当日に申込した人
対象コース:全コース
内容:入会金から3万円引き
申込方法:申込時に「新年!英語応援キャンペーン」と申し出る

関連URL

プログリット

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介 Classi
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 個別商談会受付中!
  • スタディサプリ ICT教育モデル校が積極導入! 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス