1. トップ
  2. 学校・団体
  3. カタリバ、全国の「自主休校」の子どもたちにPC・Wi-Fi機器を無償貸与

2021年1月12日

カタリバ、全国の「自主休校」の子どもたちにPC・Wi-Fi機器を無償貸与

カタリバは、新型コロナによる緊急事態宣言下、生活困窮世帯で、かつ「自主休校」せざるをえない事情を抱えた子どもたちに、PCとWi-Fi機器の無償貸与と学習支援を行うことを決め、21日まで応募を受付けている。

この取り組みは、経済的事情を抱える家庭への支援事業のひとつ「キッカケプログラム」の一環として実施するもので、小学4年~高校3年生を対象に、PCとWi-Fi機器を1月~3月20日の期間、無償貸出しする。

今回、緊急事態宣言に伴う一斉休校は行われない予定だが、一斉休校がなくても生活困窮などの理由から「自主的に休校しなければならない」子どもたちがおり、同プログラムでは、そうした子どもたちにPC・Wi-Fi機器を無償貸与。同時に、学びのサポート枠を増設し、平日毎朝オンライン自習室を開室する。

PC・Wi-Fi機器無償貸与などの概要

申込期間:
・1次募集:1月7日(木)~1月12日(火)23:59
・2次募集:1月13日(水)~1月21日(木)23:59
貸与期間:1月~3月20日返却まで
対象:
・小学4年~高校3年生の子どもがいる家庭
・病気やそのほかの特別な事由で「自主休校」せざるを得ない家庭
・自治体から発行される就学援助受給証明書などがある家庭
・子どもが使えるパソコンなどのデバイスやWi-Fi機器がない家庭
・学校からオンライン授業や宿題が出ていても取り組めていない家庭
地域:日本全国(緊急事態宣言発令地域外からも申込みを受付ける)
申込条件:機器貸与後に、①子どもと保護者が一緒に参加する初回オンライン研修、②子どもが週1回グループでのオンライン面談、➂保護者が月1回グループでのオンライン面談、に参加ができる家庭
詳細

申込み

関連URL

「キッカケプログラム」

カタリバ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Yubi Plus 先生方にもテレワークを! 狭山市実践事例 詳しくはこちら
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
クラウド授業支援 画面と表情を同時に確認 TeacherView

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 個別商談会受付中!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス