1. トップ
  2. 学校・団体
  3. ヒューマノーム、三田国際学園と「中学生向けAI教育カリキュラム」共同開発

2021年5月24日

ヒューマノーム、三田国際学園と「中学生向けAI教育カリキュラム」共同開発

ヒューマノーム研究所は21日、同社が開発するノーコードツール、データ解析・AI構築プラットフォーム「Humanome CatData」を用いた教育プログラムを、三田国際学園中学(東京・世田谷区)と共同開発し、同学園の授業で実施していくと発表した。

同社は、初心者でも短時間で習得できるノーコードツール「CatData」の提供を通じて、AIが社会に浸透するほど重要になる「AIの本質」を伝える機会創出を進めている。

今回、この取組の一環として、相互通行型授業を軸にした先駆的な教育を行っている同学園に協力してもらい、AI構築の実体験を通じて、AIと様々な教科が結びつく広い視野を獲得する教育プログラムを開発した。

同プログラムは、AI構築を通じて、AI構築そのものだけでなく「ものづくり」「論理的思考」「創造力」「他者との協働」といった様々なスキルの向上機会を提供する。

AI構築を交えた課題を通じて、技術と社会の接点の理解、教科を横断した知識・技術のつながりが学べ、生徒の社会課題を発見し解決する力を醸成していく。

また、プログラミングなしでAIが構築できる「CatData」を使うことで、プログラミング教育とは独立してAI構築が体感でき、技術的側面も学べる。

同プログラムでは、同学園で実際に行われた研究活動で得られた知見をもとに、カエデの種子の形状と落下姿勢の関係についての実験と一部データを活用して、AI構築の「設計、実験、考察」を実施する。

プログラムの教育効果については、同学園と共同で検証する。 AI構築、データ解析など計算科学的な側面については同社が、キャリア教育や教材開発といった側面については同学園が、それぞれ評価・フィードバックを行う予定。

関連URL

「Humanome CatData」

共同開発の詳細

三田国際学園

ヒューマノーム研究所

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス