1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 日本クイズ協会、高校生対象「第4回ニュース・博識甲子園」オンライン開催

2021年7月14日

日本クイズ協会、高校生対象「第4回ニュース・博識甲子園」オンライン開催

日本クイズ協会は、高校生を対象にしたクイズの全国大会「第4回ニュース・博識甲子園」(全国高校総合クイズ大会)を、7月23日の1次予選~8月29日の全国大会にかけて、すべてのラウンドをリモートで参加・対戦できるオンラインで開催する。

この大会では、新聞やニュースサイトを中心にTV、ラジオ、出版、SNSなど様々なメディアから発信される「最新のニュース」と、学校の勉強だけでは身に付けることが難しい「社会に根差した幅広く良質な知識や教養=博識力」を問うクイズ問題を出題。

「フェイクニュースに騙されないニュースを読む力」と、「情報を見極め、取捨選択し、活用、発信する力=メディアリテラシー」を養うことを目的としている。

第1回大会(2018年)は、全国7カ所で予選会を同時開催し、全国103チーム316人(個人参加含む)の高校生が参加し、栄東高校が初代王者に輝いた。

第2回大会(2019年)は、全国8カ所で予選会を同時開催し、572人(103校182チーム、個人参加26人)の高校生が参加し、大阪星光学院が王者に輝いた。

第3回(2020年)は、新型コロナの影響で、予選から本戦までを全てオンラインで開催。全国222チーム690人(個人参加含む)の高校生が参加し、慶應義塾が王者に。

同協会では、第4回大会に先駆け、クイズの楽しさをカジュアルに紹介するクイズ情報番組(全10回)を制作し、26日からスマートニュースで独占配信する。

さらに8月16日からは、カウントダウン動画も配信。同動画では、クイズの解答を専用フォームで記入し、応募者の中から抽選で各回2人にAmazonギフト券500円分をプレゼントする(応募期限は24時間)。

また、8月29日にネット配信される全国大会のMCに、「クイズプレゼンバラエティー Qさま!!」、「99人の壁」などを手がけるクイズ作家の日高大介氏、大会を盛り上げるサポーターに、数々のクイズ番組で活躍している人気声優の洲崎綾氏が就任。

全国大会では、「QUIZ JAPAN」が販売する早押し機「CompaT 20」が抽選で1人に当たる応援キャンペーンも実施。スマートニュースの特設ページにリンクが貼られた応募フォームから、生中継の中で発表されるキーワードを記入して応募する。

開催概要

・1次予選:7月23日(金・祝)、全国一斉Web試験で32チームを選出
・2次予選:8月3日(火)~5日(木)、ブロック別オンラインクイズで、4ブロックから各2チーム・合計8チーム(各チーム3人1組・計24人)を選出
・全国大会:8月29日(日)
・「クイズ情報番組」配信スケジュール:26日(月)~30日(金)、8月2日(月)~8月6日(金)に毎日1本配信
・「カウントダウン動画」配信スケジュール:8月16日(月)~8月20日(金)、8月23日(月)~8月27日(金)に毎日1本配信

詳細

関連URL

日本クイズ協会

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena Action 2022 来年度プロダクト・アップデート発表会 08.20(土) 14:00~17:00 ONLINE Special Talk Session
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス