1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. トワール、志望校の合否予測の正解率がAIにより従来の58%から87%へ向上

2021年7月19日

トワール、志望校の合否予測の正解率がAIにより従来の58%から87%へ向上

トワールは16日、学習者の思考力・性格の特性などを科学的に測定し、個々に最適な指導方法を提案する「NOCC教育検査」に、新たに「志望校の合否予測」機能を実装すると明らかにした。

同社では、これまで「NOCC教育検査」で蓄積してきた思考力・性格特性のデータや、塾の実際の成績データ、合否のデータを使って機械学習を行い、志望校の合否予測のアルゴリズムを作成してきた。

これにより、偏差値などの数字のみで、しかも集団内で判定していた従来の一般的な合否判定の正解率と比べ、29%上回る最大87%の正解率が得られ、おのおのの特性を考慮した上での個人に対する合否判定が可能となった。

さらに、今回実装予定の新機能では、受験生以外の学習者にも1カ月後にどの程度の偏差値を取っていけば良いかを予測することが可能となるので、コロナ禍による模試の減少などで、正しい実力の把握やそれを踏まえた目標を立てる上で不安や悩みを抱えている受験生を支える有効な情報提示ができるようになる。

新機能は8月末をめどに実装を予定している。

関連URL

トワール

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス