1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 早稲田システム開発、ミュージアム展示ガイドアプリ「ポケット学芸員」兵庫県立歴史博物館に導入

2021年8月6日

早稲田システム開発、ミュージアム展示ガイドアプリ「ポケット学芸員」兵庫県立歴史博物館に導入

早稲田システム開発は4日、スマートフォンを利用して展示解説などを楽しめるミュージアム向け無料ガイドアプリ「ポケット学芸員」のサービスが、7月17日に兵庫県立歴史博物館(兵庫県姫路市)に導入したと発表した。

兵庫県立歴史博物館では、10月から施設・設備の大規模改修工事を行う予定であり、それに先立ち4月から、館蔵資料のデータベースをクラウドのI.B.MUSEUM SaaSに移行。その機能の1つであるポケット学芸員導入を改修後に開始することと検討していた。また、特別企画展「唱歌!西洋音楽がやって来た-明治の音楽と社会-」(2021年7月17日~9月5日)において、音楽を来場者に届ける方法を模索していたという。ポケット学芸員は追加費用なしで使用できるため、改修後の本格導入に先立ち、音声ガイドの機能を使って歌のメロディを、試験的に期間限定で流してみようということになったという。

同館の配信コンテンツの特徴は、特別企画展「唱歌!西洋音楽がやって来た-明治の音楽と社会-」で展示している唱歌集掲載の歌のメロディを提供しているところ。展示を見ながら、それに関連する音楽を聴くことができるという全国的にも珍しい取り組み。9月5日までの期間限定。

兵庫県立歴史博物館は、郷土の歴史に関する県民の理解を深め、教育・学術及び文化の発展に寄与することを目的として、特別史跡・姫路城跡内の北東の位置に1983年4月に開館。建物は1980年に文化勲章を受章した故丹下健三氏の基本設計。ティーラウンジのガラス面には天守の美しい姿が映るなど、随所に姫路城をモチーフにした設計がなされており、記念撮影のポイントとしても人気。10月から施設・設備の大規模改修工事に入るため、7月17日から常設展示を休止。9月6日から2023年3月末までは休館。休館中は、博物館活動のPRとして県内巡回展を実施するとともに、講演会等の催しの開催を継続するという。2023年4月の再オープンでは、ポケット学芸員も本格導入される。

関連URL

兵庫県立歴史博物館

ポケット学芸員

早稲田システム開発

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
校務用パソコンのログインセキュリティ対策できてますか? YubiPlusで簡単に対策
Classi GIGAスクール時代における学校教育・学習指導について考える会(無料) 9.21(水)16:00-/9.28(火)16:00- お申し込み受付中 
NEWSサイト作成・運営 オウンドメディアに最適 wanitel

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • GIGAスクール構想 機器のお悩みはこちら 24時間365日受付
  • 基本機能だけならずっと無料 デジタル採点システム 無料Webセミナー 10/5(火) 16:30~開催 先着順にてお申し込み受付中 YouMark Personal
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス