1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. オムロン ソフトウェア、文字入力支援システムが「えひめ ICT 学習支援システム」に採用

2021年11月11日

オムロン ソフトウェア、文字入力支援システムが「えひめ ICT 学習支援システム」に採用

オムロン ソフトウェアは9日、同社が提供する文字入力支援システム「iWnn IME for Web」が、シンプルエデュケーションが開発・販売する愛媛県公立小中高校向けICT学習支援システム「えひめ ICT 学習支援システム」の文字入力機能に採用されたと発表した。

同システムは、愛媛県内全ての公立学校が利用可能なCBTプラットフォーム。同県では、2022年1月に小学5年生と中学2年生を対象に実施される県学力調査CBTをこのプラットフォーム上で行う予定をしている。

児童生徒は様々な解答形式が選べ、タップやキーボード入力以外にもペンや指での手書き解答も可能。テスト中に必要なメモは、画面上の問題に直接書くこともできる。選択肢・短答問題は自動採点を行い、教員の目視による採点が必要な長文記述・手書き解答問題は、AI による採点補助・切り出し採点機能でサポートする。テスト後の成績結果や分析グラフはすぐに児童生徒画面に返却される。

この度、同システムに採用された『iWnn IME for Web』は教育現場に最適化された文字入力・変換機能を搭載した Web サービス向けのIME 。教科ごとに最適なキーボード入力形式で、入力シーンに合わせた予測変換表示制御、学習指導要領に則った学年別予測変換候補表示、その他にも様々な教育現場に最適な文字入力・変換機能を有している。

同社では、このような文字入力・変換機能により同システムでの校種・学年に合わせた問題出題、数式や化学式の自動採点、教師の問題作成支援、児童・生徒の学習効率の向上に貢献する。

同社は、1976 年にオムロングループのソフトウェア開発会社として創業。以来、駅の自動改札機や券売機、銀行 ATM、 クレジットカード決済端末、ヘルスケア機器、ファクトリーオートメーションなど、社会性・公共性の高い事業をソフトウェア技術で支え続けている。また、オムロンソフトウェアの独自技術を駆使した、スマートフォン向け日本語入力システムなど、同社のシステムは 生活に身近な所で活躍しているという。

関連URL

オムロン ソフトウェア

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス