1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 日本プラントメンテナンス協会、新サービス「自主保全士オンライン試験」を開始

2021年12月16日

日本プラントメンテナンス協会、新サービス「自主保全士オンライン試験」を開始

日本プラントメンテナンス協会は14日、新サービス「自主保全士オンライン試験」を開始したことを発表した。

「自主保全士」は、製造業で働く人(主としてオペレーター)を対象に2001年度からスタートし、約20年、累計利用者数30万人以上の実績を持つ資格制度。その歴史・実績は、モノづくり分野の試験として国内最大級の資格。自主保全士の学習を通して、オペレーターはオペレーションに必須な知識・技能だけでなく保全の知識を身につけることができ、現場の異常発見や簡単な修理・改善ができる能力も備えることが可能となる。また、自主保全士の学習は、重大な災害(労災)・設備故障を未然に防止することに繋がり、安定かつ安全な製造現場の実現に寄与する。

「自主保全士オンライン試験」は、従前サービスである「自主保全士検定試験(年1回開催の集合型PBT試験)」のオンライン版サービス。これまで利用した多くの企業の意見を参考にしながら開発し、業務シフト調整や企業窓口の負担軽減、試験機会の増加、そして感染症拡大防止策の徹底など、試験内容だけでなく、利用の利便性・安全性も訴求。

「自主保全士オンライン試験」の特徴は、①自宅や会社が、いつでも試験会場に!②受験申込み→受験→試験結果の工程が最短1日!③受験申請は個人申請のみ!

2021年度10月に実施した「自主保全士検定試験」を受験した人も受験可能。年度内に合格したい人は再チャレンジのチャンス、そして年度内に1級・2級の両方合格も可能に。

また、自主保全士オンライン試験の公式サイトでは、受験案内の閲覧のほか「デモ試験体験」ができる。オンライン試験のイメージが分からない人、操作性に不安のある人は、是非体験してほしいという。受験には必要な環境がいくつかあるが、それが受験の障壁とならないように、最小限の機能があれば受験可能なように配慮しているという。

なお、受験準備のサービスとして、「自主保全士検定試験 受験準備講座(オンデマンド)」の利用もおススメ。詳細は、公式サイトを参照する。

「自主保全士オンライン試験」受験案内
実施する等級:1級、2級
受験申込・受験手数料支払い期間:12月13日(月)10時00分~2022年2月25日(金)23時59分
オンライン試験実施期間:12月13日(月)10時00分~2022年2月28日(月)23時59分

「自主保全士オンライン試験」の詳細

関連URL

自主保全士

日本プラントメンテナンス協会

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス