1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 人型ロボ「Pepper」でSDGsに挑戦する「STREAMチャレンジ2022」全国大会ファイナリスト決定

2022年2月17日

人型ロボ「Pepper」でSDGsに挑戦する「STREAMチャレンジ2022」全国大会ファイナリスト決定

ソフトバンクロボティクスは16日、子どもたちが主役となり人型ロボット「Pepper」を使って社会課題に取り組むプログラミングコンテスト「STREAMチャレンジ2022」全国大会(3月13日開催)のファイナリスト8チームを決定し、発表した。


同コンテストは、「Society5.0」で実現されようとしているロボットと共生する社会に向けて、子どもたちが自ら発見した社会課題を、「Pepper」を活用したクリエイティブな発想で解決することを目指すイベント。

今回決定したファイナリストは、「青北募金サポーターズ」(藤枝市立青島北小学校)、「エコンキスタドール」(浜松海の星学院浜松聖星高校)、「岡部小園芸委員会」(藤枝市立岡部小学校)、「掛川北中学校Pepper部」(掛川市立北中学校)、「笠田中学情報部M&A」(かつらぎ町立笠田中学校)、「チームKOMODA」(飯塚市立菰田小学校)、「藤枝市立葉梨中学校」(藤枝市立葉梨中学校)、「MPC -MiwaPepper Club」(岐阜市立三輪中学校)の8チーム。

全国大会はオンラインで開催し、ライブ配信する。お笑いコンビ「マヂカルラブリー」が司会進行を務め、課題解決に取り組むファイナリストの作品を紹介するだけでなく、課題の領域で活躍する有識者から作品に対するフィードバックも実施。

また今回、惜しくもファイナリストに選出されなかった3チームを「Nextチャレンジ賞」として紹介する。オンラインならではの双方向性を活かしたインタビューや各チームへのアワード授与も行う。

全国大会概要
開催日時:3月13日(日)11:00〜13:30
開催方法:ソフトバンクロボティクスの公式YouTubeチャンネルによるライブ配信
詳細

関連URL

「ファイナリスト8チーム」の詳細

「STREAMチャレンジ」

ソフトバンクロボティクス

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス